一定の金額を超えれば対象者

もしかして私の相続税、とても高いんじゃ?

一定の金額を超えれば対象者

では、相続税がかかる人とは誰になるのでしょうか。
相続税は一定の金額、すなわち基礎控除額の範囲を超えて遺産を受け取る人にかかります。
相続税の基礎控除額は3,000万円+600万円×法定相続人の数となります(2015年1月1日以降に発生した相続)。
例えば、法定相続人が子2人なら、3,000万円+(600万円×2)となり、4,200万円までが相続税の基礎控除額となります。
この金額を超えて相続をすることとなれば、相続税を払わなければなりません。
つまり相続税がかかる人は、基礎控除額を超えて相続をする法定相続人ということになります。

では法定相続人とは誰を指すのでしょうか。
法定相続人とは、民法で定められた相続人になれる人のことをいい、相続人になれる人の順位があります。
最も順位が高いのは被相続人(遺産を残す人)の夫や妻、つまり配偶者で、常に相続人となることができます。
この配偶者とは、法律上の夫や妻でなければなりません。
内縁の夫や妻は相続人にはなれません。

次に順位が高いのはその子供や孫、直系尊属の第1順位のグループです。
子供は実子に限らず、養子も含まれます。
また被相続人が亡くなった時点で誕生していない胎児も生まれれば相続人となります。
さらに、被相続人が認知していれば配偶者でない人の子供も相続人となることができます。
認知されていない子は相続人にはなれません。
なお、子供が死亡している場合、孫が相続人となります。

上記の順位の相続人がいない場合、被相続人の父母、祖父母など直系尊属の第二順位の人たちのグループが相続人となることができます。
これは血縁関係のない養父母も同様の権利があります。
この被相続人に親も祖父母もいない場合は第3順位の兄弟姉妹が相続人になります。
兄弟姉妹も死亡している場合はその子供、つまり被相続人の姪や甥が相続人となることができます。

こうした人達が法定相続人となり、相続の権利があって基礎控除額以上の相続をした場合に相続税がかかるのです。