相続税の基礎控除は放棄に注意

もしかして私の相続税、とても高いんじゃ?

相続税の基礎控除は放棄に注意

image

相続税に関しては、基礎控除というのが用意されています。
これは簡単に言うと、税金を支払う際に、その控除の分だけは支払いを避けることができるというものとなります。
つまり、基礎控除以内での相続であれば、相続税を支払う必要がないのです。
しかし、そこで気を付けて起きたいのが、相続放棄をする人がいる場合です。
例えば、家族の中に相続放棄を選択する人がいた場合、その基礎控除分を超えてしまう相続になるかもしれません。
相続放棄というのは、もともと相続するための権利自体を手放すことになるため、財産や資産の分割に関しては他の人に振り分けられるのです。
簡単な話が1億円の相続があったとして、相続人が4人だった場合は1人当たりの相続も大まかに計算して2,500万円となります。
相続税の基礎控除は3,000万円と1人当たり600万円なので、3,600万円までは支払いを逃れることができるのです。
しかし、この場合で2人が相続放棄した場合、1人当たりの相続は5,000万円となります。
そうなると基礎控除を超えてくるので、当然ですが負担も大きくなります。

このように、相続に関しては放棄する人がいれば、それだけで負担も増えてしまいます。
そこでトラブルや問題になってしまうということも実は沢山あるのです。
相続放棄する人がいる場合は、しっかりと協議していくことが必要となります。
協議によってどうしても決めることができない場合は、十分に配慮して計算しましょう。
なお、それでも相続放棄する人がいるという場合にはしっかりと対処することが必要です。
ただ、相続放棄を一度すれば、その他の相続も受けることができなくなります。
日本では受け取る人の金額が大きくなればなるほど税金も高くなるので、そこも合わせて相続放棄する人がいれば、相談を進めていくことが必要です。
ちなみに、この手の話し合いは平行線になることも多いので、場合によっては専門家を活用した方が良いと言えるでしょう。

ちなみに、相続放棄をする場合は、事前に申告が必要となります。
相続が決まってから3か月以内に伝えなくてはならないため、その点は注意しましょう。
他の人との話し合いも必要となってくるので、しっかり考えて対処したいところです。
不安な方は、専門家に相談してみてください。
特に相続税などに関しては、税理士に相談すると良いです。
専門家であれば、色々な状況を加味して計算してくれるのはもちろん、色々な手続きや申請に対しても対応してくれます。