相続税はいくらから支払い義務?

もしかして私の相続税、とても高いんじゃ?

相続税はいくらから支払い義務?

image

・相続税はいくらから支払うの?
相続税に関しては、基礎控除が認められています。
そのため、基礎控除額を超えない限りは、相続税が発生することがありません。
その基礎控除額というのは、3,000万円まで認められています。
その他、法定相続人1人当たり600万円まで認められているのです。
つまり、合計で3,600万円までは基礎控除として、税金がかかりません。
それらの計算に関しては、人によってまったく違ってくるので、法定相続人の方は自分が相続する遺産ごとに計算しなくてはなりません。
そのため、計算が苦手な方にとっては、若干難しいところがあるでしょう。
相続税の計算は他にも特別な控除があり、特に配偶者控除なども活用すれば、より課税の対象となる金額を少なくしていくことも可能です。
それらに関しては、専門の税理士に相談しながら決めていくと良いです。

・法定相続人の人数に注意
法定相続人が多ければ多いほど、遺産の分割が多くなるため、個人個人の税金負担額も大きくなってしまいます。
つまり、一人息子や一人娘などの場合は、法定相続人の数も少ないため、負担は大きいです。
逆に兄弟姉妹がとても多い場合は、法定相続人も多くなるので負担は減ります。
例えば、一家の大黒柱である父親が亡くなった時、遺産は配偶者である母親の他、息子や娘に分配されていきます。
だからこそ、より法定相続人が多ければ多いほど、規定の基礎控除3,600万円を超える可能性も低くなっていくということです。
ただ、注意しておかなくてはならないこともあります。
それは、家族の誰かが相続放棄をする場合です。
相続放棄をした場合は、もともと持っている相続権を手放すことになるので、遺産分割からも外れてしまいます。
それは、つまり本来その人が受け取るはずだった遺産を、他の家族が分割することになるということです。
それは、税負担を他の人がより多く請け負うということになります。
そのため、自分だけが「相続放棄します」と言っても、認められない場合もあります。

・家族間でしっかり話し合うことが必須
遺産分割協議はもちろんですが、相続に関しては家族間で話し合うことが重要です。
特に理想的なのは、被相続人が生きている間に家族会議をしておくことです。
どれくらいの財産や資産があって、誰にどれくらいのものを遺産として渡すのかについては、しっかり話し合っておくことをおすすめします。
わからないことがある場合は、税理士などの専門家に相談してみてください。