基礎控除は受けられる?

もしかして私の相続税、とても高いんじゃ?

基礎控除は受けられる?

さきにも述べたように相続税には基礎控除があります。
基礎控除とは、残された遺族の生活を守るために遺産から一定の金額までは相続税がかからない仕組みで、基礎控除額の範囲内の遺産であれば相続税を払う必要はありません。
詳細は次章にゆずりますが、この基礎控除額は法律により定められており、自分では変更できません。

ではこの基礎控除は相続人は誰でも受けることができるのでしょうか。
相続税の基礎控除額は2015年度以降は「3000万円+(600万円×法定相続人の人数)」で計算できます。
法定相続人ではなくても遺贈や死因贈与により遺産を受け取ることはできます。
しかし基礎控除は受けることができません。
基礎控除はあくまで法定相続人の人数であるからです。

例えば、妻と2人の子どもがいるAさんが亡くなったと仮定します。
この場合、基礎控除額は「3,000万円+(600万円×3)」で4,800万円までの基礎控除が受けられます。
亡くなった方の遺言などにより、肉親ではないAさんが遺産を受け取れることになっていても、法定相続人の3人の中にAさんがプラスされて4人とはなりません。
これは、もし遺産を相続する人を何人でも計算式に入れることができれば、基礎控除額は幾らでも高額に引き上げることができるからです。
ただし血縁関係がなくても養子は法定相続人になることができます。
とはいえ、この養子の数には限りがあり、それは基礎控除額を高額にするために養子縁組をすることを避けさせるためです。

また、遺贈などで遺産を受け取る相続人の相続税額は法定相続人よりも高くなり、通常法定相続人が支払う相続税の2割加算とされています。
なお、相続税が2割加算されるのは上記の遺贈を受けた肉親以外の人のほか、亡くなった人の兄弟姉妹、甥や姪など二親等以上離れる親族も含まれます。
基礎控除が受けられるのは法定相続人。
そして被相続人の兄弟姉妹となると法定相続人でも相続税が直系尊属よりも高額になるのです。

基礎控除額が簡単に引き上げられないよう、また直系尊属の権利をしっかり守れるように法律がつくられているのですね。