基礎控除の計算方法

もしかして私の相続税、とても高いんじゃ?

基礎控除の計算方法

ここでは基礎控除の計算方法をもう一度詳しく見てみましょう。
基礎控除の額は「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」です。
さきにも述べたように、亡くなったAさんに妻と2人の子どもがいると仮定すれば、Aさんの遺族の基礎控除額は3,000万円+(600万円×3人)となり、4,800万円が基礎控除額となります。
Aさんが残した全ての遺産を金額として換算し、その遺産の総額から4,800万円を基礎控除として差し引いた額に相続税がかかります。
と考えれば、それほど難しいことではないような気がしますね。
しかし実際にはそれほど単純な計算とはならない場合もあるのです。

さて、この法定相続人の人数ですが、例えば法定相続人の1人が「自分は財産を相続したくない」と相続放棄をした場合はどうなるのでしょうか。
実は相続放棄をした人も法定相続人の頭数に入るのです。
上記のAさん家族で1人の子どもが財産放棄をしたとしても、基礎控除額の式は変わりません。
これは、財産放棄をした人がいた場合といなかった場合で相続税が違ってくるという事象を避けるためです。
また、財産放棄した場合に相続税が高くなったり安くなったりするとなれば、法定相続人が誰かに強要されて、そのことで自分の意見を曲げなければならないこともあり得るからです。
法定相続人は相続税が高くなるか安くなるかではなく、あくまで自分の意思でその遺産を受け取るか受け取らないかを決めることができなければなりません。

基礎控除の額を決める数式は実は大変シンプルなものです。
しかしこの数式に各種の条件を一つずつ重ね合わせて、それが該当するのかどうかを見きわめなければなりません。
実際には疎遠になっている直系尊属の方も大勢いる場合もあります。
今一緒に住んでいる親族だけを対象に考えるのではなく、例えば離婚や再婚で音信がとれなくなった子供など、疎遠になっていても直系尊属のグループに入る人がいます。
計算式自体はシンプルでも、法定相続人の人数を決めることが困難なケースもあるということです。